「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

行ってきました

 長いようで短かった24日間の欧州一周旅行から懐かしいロンドンに帰ってきました。オランダのアムステルダムから始まって、ドイツケルンの町やハイデルベルグ、を見、ライン下りをし、スイス ローザンヌでは思いもかけず舞台に上がってヨーデルを歌う羽目になったり、9ヶ月もロンドンで暮らしたのに大して英語も話せず、聞けない私がそれでも楽しくヨーロッパを回って歩けたのは、旅行仲間になった多くのオーストラリア人やニュウジイランド人のおかげだと思っています。それとタフで元気なツアーコンダクタ-(リンダ)。彼女は一人で49人者旅行者を取り仕切り、朝早くから遅くまでオプショナルツアーの世話もしながらよく体が持つものだと感心してしまった。それと運転手の名前忘れた。彼は途中2日の休みがあったものの一人え何時間も一日走り続け、思い荷物をバスから出し入れするなど、私からみたら脅威的な仕事量をいつも笑顔で、魅力的な声で片付けていた。どこかアクセントに特徴があるので、純粋な英国人ではないと思っていたら、純粋なナポリに住んでいるイタリア人でした。彼の声とっても素敵でうっとりしました。 彼らはいつも一人で参加している私に気を使ってくれて,“旅をたのしんでる?”
とか“調子はどう?”とか毎日誰かが声をかけてくれたし、オプションに参加しなくてフリーになってしまった時は一緒に連れて歩いてくれたり、ウイーンでモーツアルトを聞きにいった時、着物を着ていったら口々に“K、きれいだよ”“素敵だね”とほめてくれ、運転手のクラウデイオも翌日の朝バスの前でであったら“K昨日は素敵だったね”と声をかけてくれた。
ヨーデルに参加した時も舞台から戻ってくると彼らは口々に“K、うまかったよ。参加者の中で一番だった”と拍手してくれた。いつも無口な大男のJがホテルの玄関口で“Kがヨーデル一番上手だった”と声をかけてくれた。家では家族から“うたうな”と禁止命令を受けている私とは大違いだ。彼らは陽気で気さくで元気で親切で、バスの中はいつも賑やかで時には歌声の大合唱も始まった。人に世話を焼かれたり、親切にされたり、やさしい言葉かけをされる等日本ではほとんどなかっただけに、大変さのなかにも心地よさがあった旅行だった。
[PR]

# by annejour | 2008-09-26 20:07

行ってきます

 学校を終えて一週間。暇をもてあますかと思ったが結構忙しかった。知り合いになった人たちとのお別れ、小旅行、荷物の片付け、部屋お掃除等。最後の日は旅行者に行って、旅行日程表と時間、出発場所の確認、予約確認に行くことになっている。
最後の選択をして、乾いたものの取り入れに庭に行くと、テイナとアレックス(大家さん)がでてきて,“私は明日から彫りデイに出かけるので,Kにさようならが言えないから”と挨拶に来てくれたのだ。“最後の部屋の様子を見てほしいけれど”というと“アレックスと犬2匹を残しておくから、アレックスにみてもらって”という事だった。素敵な部屋を貸してもらえてうれしかった事、とても居心地のいい部屋だった事を伝えてお礼を行った。私がもっと英語がはなせたら同じ年頃の子供を持つ親同士もっと親しくまれたのにとちょっと残念でした。でもいい大家さんにめぐり合えて幸せでした。ところで盗られたかと思っていた携帯が無事手元に戻りました。あれだけ、パブに聞きに行ったり、近くにいた人たちに聞いたりしても心当たりがなかったのに、不思議だ。係りの人が学校まで持って来てくれた。商品の福神漬けは出てこなかったが、まあいいか!何だかんだ行ってもぎりぎりのところで何時も色々ま人に助けられてきたと思う。ミアからすごくドキッとする相談を持ち掛けられたり、フラットメイトのAさんやRさんにイギリス人の恋愛感を教えてもらったり、色々勉強にもなりました。でも日本人の女の子がイージイ、ビージイ、ジャパニーズで手軽にものにできると思われている事は肝に銘じて日本人女性の誇りを持ってイギリス人男性と付き合って欲しいとおもいました。
 最後の日は、英国人男性と結婚することになって部屋を出て行ったRさんと出会い、わかれを言いました。日本に彼とビザ更新に来るというのでその時また会える事を楽しみに分かれ
た。私がプレゼントをあげなければいけないのに、反対にキッドソンのポーチを貰っちゃいました。旅行社を尋ね、明日の出発場所を聞き,Rさんが一緒について来てくれて場所を確かめられたのは本当によかった。時間は6時半出発なので5時には家をでなくてはいけないが地下鉄が順調に動いてくれているかが一番の問題だ。
集合場所はヴィクトリア駅前にあるトラファルガ、という旅行社の前だというが、いつもそこならもっと前から教えてくれればいいのに。と前から尋ねていたことだけにちょっと不満。私の登録がミスでなく、ミスターになっていたのもちょっと心配。部屋はシェアを頼んでいたので男性だったらどうしょう。何はともあれ色々な国をこんなにたくさん見てくる事ができる機会はそんなにないと思うので思い切って楽しんできます。周る国はオランダ、ドイツ、スイス,オウストリア、イタリア、フランス、スペイン、モナコです。どうしても行きたかったサウンドオブミュウジックの街、ザルツブルグが楽しみです。後スペインで美味しい物を食べること、そのほかヨーロッパの新しい魅力を発見できると嬉しいですね。
[PR]

# by annejour | 2008-09-01 23:40

ブライトンに行ってきました

 この日は私の誕生日,U.Kで迎えるとは思ってもいなかったあ。学校も終わったので、一人ぽっちの誕生日を覚悟していたけれど、一緒にブライトンに言ってくれる人が見つかって嬉しかった。一緒に湖水地方に言った人と学校で知り合った人3人でビクトリアの駅で待ち合わせをした。ここには待ち合わせの為の椅子の場所が限れれているので、場所設定には便利だ。切符は当日買ったので長い列を覚悟していたが結構早く買えた。窓口の駅員さんがなにか一生懸命はなすがよくわからなかったら紙に書いてくれた。ブライトン行きは後2分で出発とのこと。大急ぎで走ったが、プラットホムー捜しでまごまごしているうちに目の前で電車はでてしまった。でもすぐに次の電車が入ってきたので、乗り込む事ができた。一番乗りなので、3人で座れるいい場所も確保できてよかった。お天気も最高。列車も快適で楽しくおしゃべりしながら、あっという間にブライトンについてしまった。
ブライトンは何度か計画しながらつぶれてしまった場所だけに感激一塩でした。ポールが“kは強いから海で泳ぐといいよ”なんて失礼な事をいっていたが、さすがに泳いでいる人は居ないだろうと思っていたのに、数人ですがものづきが居ました。海岸に下りて海の水に触ってみたが、冷たくはないが、泳ぎたくなるような温度でもなかった。海辺は砂浜でなくて石浜だったが、水着で日光浴している人や家族連れなんかも楽しんでいた。移動遊園地で楽しむ子、ビーチバレーを楽しむ人など、のんびりとしている様子がうらやましい。海辺はリゾート地だけに、海岸沿いにずらりと素敵なホテルが立ち並び、1週間位でいいからこんなホテルで優雅に楽しみたいものだと思った。念願のお魚も食べ、東洋風のお城も見て素敵な一日が過ごせた。お天気のプレゼントと失くしたと思っていた携帯があったという連絡と、友達になった人とブライトンにくることができてがこの日最高のプレゼントでした。ミアが天使を信じているとよく言っていたが、私も神様を信じたくなるような一日でした。ありがとう。
 ブライトンに行ったメンバーと月曜日に欧州一と言われているニッテイングヒリカーニバルに行く約束をした。フラットメイトが私たちの住んでいるところから歩いて10分位でいけるよというので、11時に私の住んでいるクイーンズパークの駅で落ち合った。まだ時間的に早かった盛夏、人通りは思ったほどでないのに、しっかりパレードは見ることができた。
 日本に帰ったTは看護婦さんだったがお金に糸目を付けない生活ぶりで出会うとかなりの出費だったが同じ医療系の人でも今お付き合いをしている人たちは堅実的で私の家で一服しがてら昼食をとった。私も帰国を間近にしてあまり食料も買い込んでなくてたいしたもてなしができなくて少々申し訳なく思った。
 夜遅くのニュースでこの日のカーニバルの最後が少々荒れたそうで、なぜかはわからなかったが、残念な事だと思った。9月2日にはヨーロッパ一周24日間のコーチの旅にでます。もしホテルのパソが使えれば旅行記が書けるんだけれど、そうでなければ、このプロ具を書くのも今日でおわりかな?ではまた---------。
[PR]

# by annejour | 2008-08-27 20:19

さようなら学校生活

 58才にしての学校生活、それも英国留学。ぜんぜんわからない英語と時々あるテストに悩まされ、『何で私、いい年してもう忘れてしまったような英語をやっているんだろう?』なんて思ったこともあったり、日本人一人だけが何ヶ月も続き、孤独感を味わったり、いつまでも何を先生がやれといっているのかわからず、まごまごしたりしながらも、全体的にはしっかり年を忘れて世界の若者に混ざり、しっかり自分の年をわすれて若返っているときもあった。それなりに何十年かぶりの学生生活は楽しいものだったと思う。いままでの日本の生活の中にいかに自分という存在がなかったかも思い知らされた。世界中から集まってきている若者が未来に希望を持ち、目的を持って生活意している姿も素敵だった。日本にいたら、絶対出会うことも意識することもない若者たちとの出会いは私の大きな財産だ。やさしかったトルコ人のスータン、しっかり友達になり、一緒にケンブリッジまで行ったダルセ、親子のような気分になった韓国人のハンミやユンジュン。一緒にみゅうじかるを見に行ったミア、湖水地方に旅行した三和、愉快なチズ、いろいろ教えてくれた智子、仲良くなった亜フラットメイトたち。お金持ちでびっくりさせられた子も大勢いた。お医者さんの卵もいた。フランス人のメデイカルエンジニアの大学に行っているというやさしくて明るくて素直なトーマス。ハンサムでウィットにとんでいたブラジル人の子なんと多くの人々に出会ってきたことだろう。日本にいたら信じられないような世界に身を置いていた毎日だった。それも今日で終わりました。ポールも“京子が今日で終わりだからこのペーシは絶対今日で終わらせなくてはね゙と言ってがんばってくれた。最後の二日間の授業は楽しかったし、なんとなく自然にポールとも会話ができ、会話している自分が嬉しかった。英語は今一だったと思うが、この勉強を続け、これからの生き方の中に生かして生きたいと言う目標ができたことが一番の収穫だったかも-----。フラットメイトのりょうこや韓国のハンミ、ユンジョンが“結婚式には呼ぶから来て”といった言葉やトーマスが“日本にいつかいくから”といった言葉を楽しみに待っていたい。
後欧州一周旅行に出かける予定だが、それまでに日本に送る荷物のリストつくり、荷造り、最後の小旅行ブライトン(一緒に行きたいという元看護婦さんでまだここに来て意かっげつのヒトも加わることになった)、欧州一といわれているノッテイングヒリのカーニバル見学(混雑が予想されるのでやめるかも。)ミアと二人でロンドンアイでパッフォマンスをしようと約束していること(ミアは中国服、私は和服を着て歩く)を実行したら私の英国でのスケジュールはおわりです。このプログも閉じます。ありがとう。 
[PR]

# by annejour | 2008-08-23 00:31

人を疑いたくはないけれど

 交流会に行って携帯をなくし落込んでます。シェアメイトのあやこさんについて行ってもらって警察に行ったが登録番号が分からないとだめと言われた。携帯の裏についている番号をしっかりメモしておく必要がある。そうしたら隣のシシェアメイトさんが今自転車を盗まれてしまったそうで今警察に届けに言ってきたと言う。でてこないとは思うけれど、一応言ってみると言っていた。もう、みんな泥棒に見えてしまう。パブに行って聞いてみたけれどなかったというし、一緒に行った友だちに聞いたけれど、話題になかったと言うし、次回は最後の思い出に仲良しになった子と大好きなミュウジカル〝サウンドオブミュウジック〟を見に行く予定だったのでその時に会があるので寄ってみようと思った。当日はミアと私の部屋で一緒に夕食をとる約束をしたので、ここでまたまた一つ試練にぶつかった。携帯がなくて引越し業者が連絡できる方法を作って知らせて欲しいと言った事、ミアが私の所に着いても連絡できないので、大家さんに厄介をかけてしまうことなど。結局大家さんの電話を利用させてもらう事が一番なので頼むことにしたが、私の英語力でどこまで言いたいことが伝えられるか-----?深呼吸してテイナに“今日はミュウジカルを見に行くので、友達が来て玄関ベルをならす”こと、“携帯をなくしたので、引越し業者が来る日だけ連絡用に電話を貸して欲しいので、番号を教えて欲しい”こと等伝えた何とかわかってもらえたようでokと言って電話番号を書いてくれた。
ミアが来てアレックスが玄関を開けてくれた。アレックスにお礼を言うと柔和な笑顔で“どういたしまして”
と答えてくれた。私はアレックスみたいな人が大好きだ。私の父に似通ったところがある。ミアはミアの所の大家さんが“友達のところにいくならもっていけ”と言ってちまきを持ってきてくれた。
私が冷凍しておいたカレーとサラダ、味噌汁、デザートにこれも頂き物の抹茶アイスクリームを食べてから出かけ、会に寄ってみたが、係りの人は知らないと言うのでもう絶望的かも。
ミアに慰めてもらい,oxfordサーカスにあるシアターパラジウムで念願のサウンドオブミュウジックを見た。
くるくると場面の変わる大掛かりな舞台装置。オーケストラによる生演奏と美しい歌声に感激してきました。大好きなサウンドを生で見ることができてまた一つロンドンにいい思い出ができました。常日頃始末やの私がミアとお揃いでサウンドのTシャツを15ポンドで買っちゃいました。ミアちゃんと二人で“よかったね、よかったね”と抱き合って感激試合増した。帰りは初めて10時過ぎに電車に乗り、ちょっとどきどき。
 翌日学校にミアがくれた中国ちまきを持って息、ユンジョン、ハンミ、かつと食べました。私が捨てるつもりだったボストンバッグをミアが欲しいというので、学校に持ってきてミアに渡したし、後は三輪さんと土曜日にブライトンに行って、欧州一と言われているカーニバルを見に行って、最後の日英交流会に出席すると、私のロンドンでのスケジュールは終わる。
 8月26日にヤマトが荷物をとりに来るので、この日は一日部屋にいてかたづけやら洗濯の予定。結構荷物を送るための手続きが面倒くさい。ベビー服が安くなっていて何故か買っちゃいました。ヤマトに携帯がないことを告げると、何か連絡方法を作って知らせて欲しいというので、意を決してテイナに話に出かけ、なんとかわかって貰えた様で、電話番号を教えてくれてテイナ宅のホームデンワを利用させてもらえることになった。旅行のスケジュールは旅行日翌日でないと教えられないと言うので、その日は旅行者に出かけて、連絡の(現地の旅行者なので、会話が不安で)手助けをしてもらう事になっている。こちらは公共機関はもちろんこうしたことにもすごくセキュリテイを考えて万全にしている。
 8月に入ってからはほとんど夏を感じさせない陽気で、雨の日などは寒い位でセータが必要だ。町いく人は半そで姿の上に冬のコートを着ている人もいる。送る服、もって行く服を選ぶのに悩んでいる。
[PR]

# by annejour | 2008-08-20 16:55