自分のために生きる道をイギリスで探します


by annejour

色々な出会いと別れ

 学校にいるといつも色々な人に出会う。短期の人は1週間から2週間。長い人で1年間。クラスはしょっちゅう人が入れ替わり、担任も1ヶ月から数ヶ月で変わる。私が今いるクラスはプレインタメデイアルだが、会話力のある人はどんどん上のクラスに上がっていくから、そういう意味でも人の入れ替わりは結構ある。エレメンタリのクラスからずっと一緒でプレにも一緒に上がり、仲良くしてきたハンミとユンジュが来週から上のクラスにあがることになったし、もう一週間で仲良くなったトーマもフランスに帰ってしまうし、おもしろかったブラックはトルコから帰ってきて上のクラスに行ったし。私のシェアメイトのりょうこさんもいまの部屋を出て、結婚すると言う英国人の彼のお父さんの家に8月10日に引越しすると言う事で毎日片付けに余念がない。
もう一人のシェアメイトともこさんは1ヶ月も留守で、ドイツ、スペイン等ヨーロッパを旅し、先日帰ってきたと思ったら、1~2日後には日本の実家で夏休みを過ごしますいって帰った。ロンドンに戻って来た時には私もりょうこさんも居なくて新しいひとが居るわけだ。彼女の行動はとてもリッチでしばしば驚かせられる。私のようにいつも経済を心配しながら行動しなくてもいいのは羨ましいかぎりだ。部屋代も1ヶ月10万近くするのに、2ヶ月以上も空き部屋にしているし----。
もう一人のシェアメイトのあやこさんも10月にはロンドンを出てフランスに行って暮らすという。“この次はフランス語の学校にいくの?”と聞くと“いいえ、違います。フランスで暮らしたいだけです”との答えだった。彼女はカナダのもいたし、今はアルバイトしながら語学学校に行っているというし、31歳過ぎているけれど、いたってそんな事は感じさせない生活ぶりだ。ここに来てすぐに友達のパーテイで知り合った男性とお付き合いをしているそうだ。英語がもうある程度できるだけに生活に溶け込むのも早い。彼女にはお姉さんもいて独身で家で花嫁修業中だそうだが、親は何も言わないし、とっても仲良しの家族だそうだ。娘二人を自由にさせておけるだけのゆとりのある家庭なのだろう反対に日英交流会で知り合った男性24歳は、“大学をでて1年働いたけれど、やめてここにきました。でも、安定指向なんできちんと就職して、老後を安定させたいです。千葉の海沿いなんかで暮らしたいですね”といっていた。男性と女性の生活にたいする認識の差なんだろうが、男性のほうがあまり冒険をしないようだ。いざとなれば逃げるところのある女性のほうがある意味現代では自由なのだろう。
 日本のニュースをみていると若い人たちがもったいないような自分の人生の使い方をしているがが、ここに来ている人たちは形はどうあれ、いつも前向きなのがすばらしい。
 もう一人のシェアメイトりょうこさんは、イギリス人の彼との結婚が決まり、早々に彼のお父さんの家にしばらく間借りをするそうで引越しの準備に余念がない。手伝いに来ていた彼とご挨拶したが、なかなかハンサムな好青年で29才で彼女より年下だそうだ。一度日本にビザの手続きと結婚届けをだすそうだ。幸せ一杯といった感じがうらやましい。先日は彼女の職場に連れて行ってもらい目の調子“ドライアイ”みたいなのでついでに予約をとって診察してもらった。名古屋から来ていると言う看護婦さんが私の故郷の事をよくしっていて、話に華が咲いてしまった。この病院はリバプールソトリートの駅の近くにあるのだが、とてもわかり難い場所で彼女に連れて行ってもらって予約をとって置いてよかったと思った。
 通りの鉄の門を通り、次の通りに入っても何の看板も案内も見当たらないので知らないと地図が例えあっても困難だ。なんでも景観や安全の都合で面に看板を出せないそうだ.いろいろ検査をしてもらったり、薬をもらえて、一安心。2か月分もらえたので安心してヨーロッパ旅行に出かけられる。使うつもりはなく、お守りのつもりで高い保険に入っていったが、何かある時はとても安心だ。医療が社会福祉で安心だと思っていたが、日本の保険と一緒で色々問題があるイギリスであった.得に歯医者は最悪なので、絶対日本できちんとしてからきた方がいい。
りょうこさんの引越しを今週の土曜日に控え、もう一人のあやこさんも含め、初めて3人で人生論やら恋愛論やら12時近くまで話し込んでしまった。りょうこさんは彼と7つ近く年が離れているが、気負う必要がなく、とても楽に側にいられることが彼との結婚を決めた理由出そうだ。彼も私が見たところでも、物静かでいつも穏やかに彼女を気遣っている姿が素敵でした。日本の男性ではこうはいかないと言うのが一致した意見です。あやこさんの彼も年下で23歳だとか、何しろイギリスの男性は優しい人が多いようです。  
[PR]
by annejour | 2008-07-31 16:50