自分のために生きる道をイギリスで探します


by annejour

人を疑いたくはないけれど

 交流会に行って携帯をなくし落込んでます。シェアメイトのあやこさんについて行ってもらって警察に行ったが登録番号が分からないとだめと言われた。携帯の裏についている番号をしっかりメモしておく必要がある。そうしたら隣のシシェアメイトさんが今自転車を盗まれてしまったそうで今警察に届けに言ってきたと言う。でてこないとは思うけれど、一応言ってみると言っていた。もう、みんな泥棒に見えてしまう。パブに行って聞いてみたけれどなかったというし、一緒に行った友だちに聞いたけれど、話題になかったと言うし、次回は最後の思い出に仲良しになった子と大好きなミュウジカル〝サウンドオブミュウジック〟を見に行く予定だったのでその時に会があるので寄ってみようと思った。当日はミアと私の部屋で一緒に夕食をとる約束をしたので、ここでまたまた一つ試練にぶつかった。携帯がなくて引越し業者が連絡できる方法を作って知らせて欲しいと言った事、ミアが私の所に着いても連絡できないので、大家さんに厄介をかけてしまうことなど。結局大家さんの電話を利用させてもらう事が一番なので頼むことにしたが、私の英語力でどこまで言いたいことが伝えられるか-----?深呼吸してテイナに“今日はミュウジカルを見に行くので、友達が来て玄関ベルをならす”こと、“携帯をなくしたので、引越し業者が来る日だけ連絡用に電話を貸して欲しいので、番号を教えて欲しい”こと等伝えた何とかわかってもらえたようでokと言って電話番号を書いてくれた。
ミアが来てアレックスが玄関を開けてくれた。アレックスにお礼を言うと柔和な笑顔で“どういたしまして”
と答えてくれた。私はアレックスみたいな人が大好きだ。私の父に似通ったところがある。ミアはミアの所の大家さんが“友達のところにいくならもっていけ”と言ってちまきを持ってきてくれた。
私が冷凍しておいたカレーとサラダ、味噌汁、デザートにこれも頂き物の抹茶アイスクリームを食べてから出かけ、会に寄ってみたが、係りの人は知らないと言うのでもう絶望的かも。
ミアに慰めてもらい,oxfordサーカスにあるシアターパラジウムで念願のサウンドオブミュウジックを見た。
くるくると場面の変わる大掛かりな舞台装置。オーケストラによる生演奏と美しい歌声に感激してきました。大好きなサウンドを生で見ることができてまた一つロンドンにいい思い出ができました。常日頃始末やの私がミアとお揃いでサウンドのTシャツを15ポンドで買っちゃいました。ミアちゃんと二人で“よかったね、よかったね”と抱き合って感激試合増した。帰りは初めて10時過ぎに電車に乗り、ちょっとどきどき。
 翌日学校にミアがくれた中国ちまきを持って息、ユンジョン、ハンミ、かつと食べました。私が捨てるつもりだったボストンバッグをミアが欲しいというので、学校に持ってきてミアに渡したし、後は三輪さんと土曜日にブライトンに行って、欧州一と言われているカーニバルを見に行って、最後の日英交流会に出席すると、私のロンドンでのスケジュールは終わる。
 8月26日にヤマトが荷物をとりに来るので、この日は一日部屋にいてかたづけやら洗濯の予定。結構荷物を送るための手続きが面倒くさい。ベビー服が安くなっていて何故か買っちゃいました。ヤマトに携帯がないことを告げると、何か連絡方法を作って知らせて欲しいというので、意を決してテイナに話に出かけ、なんとかわかって貰えた様で、電話番号を教えてくれてテイナ宅のホームデンワを利用させてもらえることになった。旅行のスケジュールは旅行日翌日でないと教えられないと言うので、その日は旅行者に出かけて、連絡の(現地の旅行者なので、会話が不安で)手助けをしてもらう事になっている。こちらは公共機関はもちろんこうしたことにもすごくセキュリテイを考えて万全にしている。
 8月に入ってからはほとんど夏を感じさせない陽気で、雨の日などは寒い位でセータが必要だ。町いく人は半そで姿の上に冬のコートを着ている人もいる。送る服、もって行く服を選ぶのに悩んでいる。
[PR]
by annejour | 2008-08-20 16:55