素敵なステイ家族でした

 昨日はエミリの夫の両親が私のために(エミリは明日からイタリアにいるハズバンドのもとに長期旅行です)来てくれました。二人共銀髪のとても素敵なご夫婦でした。学校から帰って来た私を玄関まで出迎えてくれ。ニコニコと声をかけてくれました。今日はハプニングもあり、くたびれていたが日本の料理コロッケを作る約束だったので、早速準備に取り掛かる。
材料は全て話した通りエミリが準備してくれた。
この家の台所はとても使いやすくて、面倒なコロッケも見事に出来上がり。エミリがブロッコリのサラダと照り焼きチキンを作ってくれ、今日が私との最後の日だからと、チョコレートのケーキも出してくれた。お祖父ちゃんは宿題も見てくれて、発音の仕方までチェックされた。
サンヨーの電気釜まであって。外米だがご飯もたいてくれた。会話は互いの辞書を引きながらだったが、英国にいて毎日英語の中にいると思えない居心地のよさだった。この家でもう過ごせないのは悲しい。
昨日のハプニングは、オイスターカードというのを私は1週間の定期のつもりで買ったのに改札でブザーが鳴って入れずパニック。駅員が「もう終わりだ」と言うが私は1週間買ったつもりだったので納得できなかった。高い切符買うのもしゃくだし、どうやって家に帰ろうかとうろうろ
。結局窓口で料金を追加したがどうしても納得できず。学校で日本の男の子に聞いてわかった。ワンウィークと言わないと、日本のスイカのように入れたお金がどんどん落ちていくのだとか、もう。途中下車しないで一週間の定期を追加してもらおう。何も買わないでひたすら日々くらしているのに、電車にくわれている。
[PR]
by annejour | 2007-12-14 22:51